メソッド

【独学】英語学習に挫折しにくいやり方「10種英語勉強法」をおすすめしたい|隙間時間に英単語を簡単に増やす方法

10種英語勉強法

なかなか英語の勉強が続かない。
数え切れないほどの挫折。
特に英単語が覚えられない、覚えたくない。

そんな経験から英語学習に挫折しにくい英語勉強法を編み出しました。

英語学習が挫折しやすい人(自分)は、
挫折しやすい人の気持ちや傾向が分かります。

世に出ている英語勉強法は大抵が、

継続が出来る人が、継続が出来る人に

苦しいことが出来る人が、苦しいことが出来る人に

向けて書いているものばかり。

そこで長い年月をかけて構築した英語勉強のメソッドが「10種英語勉強法」!!

英語に挫折してきた人(自分)による、
英語に挫折してきた人のための英語勉強法」になっています。

試した本や教材は数え切れないほど。
今も850冊以上の英語に関する本を持っていますので、今後ご紹介予定。

ちなみに、大学院を2回修了しています。

英語以外の本は数え切れないほど持っており、
本のブログも運営中

Contents

英語学習に挫折しやすい人の特徴

英語

英語学習に挫折しやすい人(自分)の特徴は、

*ハウツー本ばかり読んで・・・
「良い教材や良い方法・コツがあるのではないか」
「斬新、画期的、手っ取り早い、きつくなく、
楽しいやり方があるのではないか」を永遠に求める。

*多くの教材に手を出し、飽きっぽく、楽がしたいし、遊びたい…

挫折しやすい人(自分)の詳しい特徴はこちら

つまり裏を返せば、

「継続しなくて、多くの教材をして、苦しくなくて、楽して、
他にもしたいことをする!!」  

こういった英語勉強法を編み出したらいいのだと行き着きました。
そうして生まれたのが「10種英語勉強法」。

スポンサーリンク

英語学習に挫折しにくい「10種英語勉強法」のルール

英語

「10種英語勉強法」のルールは実に簡単です。
基本的なことは「10種類の勉強を隙間時間にする」です。

ルールの詳細

①後述する約50種類の勉強法の中から毎日10種類を選んで勉強する

例えば「単語+単語+単語+単語+単語+文法+文法+L+S+W」など

②敢えていろいろな本・教材で勉強する

③なるべく隙間時間にして、自由時間を捻出することを心掛ける

逆に言えば同じ教材・勉強を続けないのが基本ですので、
少しのアレンジ、例えば1日15種やそれ以上になっても良いと思います。

また単語学習がこのメソッドの要だとも思っています。

メソッドの要というよりも、英語学習においての要です。
使える英単語を増やすのは最重要だと考えています。

しか~し、英単語を増やすことが一番難しい。
だからこそ「10種英語勉強法」の単語編はなかなか力が入っています。
無理せず、苦しくなく、英単語を増やせるように工夫しています。

また一見、たくさんの隙間時間を使うと
「そんな時間にまでするなんてストイックで大変」と思いがちですが、逆です。

ここでしておくと、後で自由な時間が生まれる」と自分に暗示する。

自由な時間にはあれもこれもするぞ!!」と思うことががかなり大事になります。

英語学習に挫折しにくい「10種英語勉強法」のメリット

英語

英語学習に挫折しやすい人(自分)の特徴は、

*ハウツー本ばかり読んで・・・
「良い教材や良い方法・コツがあるのではないか」
「斬新、画期的、手っ取り早い、きつくなく、
楽しいやり方があるのではないか」を永遠に求める。

*多くの教材に手を出し、飽きっぽく、楽がしたいし、遊びたい…

でした。

挫折しやすい人の特徴は詳しくはこちら

こういった特徴の人にはまさに打って付けの勉強法が「10種英語勉強法」。

なぜならいろいろな教材をしますし、
隙間時間にするので飽きっぽくてもOK。
また娯楽時間にも「ながら勉強」するなど、
なるべく楽してできるノウハウもあります。

そして隙間時間を使うかわりに自由時間が生まれ、
自由時間には好きなことが出来ます。

まさに挫折しやすい人(自分)に適していると思います。

スポンサーリンク

1日の隙間時間・ながら時間を洗い出す

それでは、1日にはどんな隙間時間・ながら時間があるでしょうか?
働いている人(自分)を例に考えてみました。

*ごはんの支度をしながら

*歯磨きをしながら

*化粧や出かける準備をしながら

*行き・帰りの通勤時間

*昼休み

*家事をしながら

*テレビなどを見ながら

*お風呂に入りながら

*ドライヤーしながら

*寝ながら

当然、隙間時間以外にも「勉強時間」を設けた方が良いですが、
隙間時間だけでも、結構あります。

後述しますが、オンライン英会話だけは隙間時間では出来ないので、
その時間を設けるようにしています。

軌道に乗って英語学習が楽しいと感じることができれば、
自然に隙間時間以外にも勉強出来るようになると思います。

またテレビを見るなどの娯楽時間が長くても、
「ながら勉強」出来るので娯楽時間も少しは勉強時間に!!

「10種英語勉強法」の単語編

英語 単語

仮に文章として英語が話せなくても、
単語の羅列だけで言いたいことが通じることもあります。

そう考えると単語力はかなり大事!!

また単語の学習は、短い時間でも出来るし、見るだけでいいので楽。
ここではこのメソッドの要である、単語学習についてご紹介。

①YOU TUBE(ユーチューブ)で単語学習

英単語などのキーワードを入れて、視覚的に見る。
同時にリスニングの勉強にもなる。
動画で勉強出来るのは、本などよりもハードルが低い。
YOU TUBE(ユーチューブ)は倍速出来るし、字幕が出るので、優秀。
せっかくなので、英語の勉強に必ず取り入れたい。
テレビを見ながら、パソコンで動画を見るなど「ながら勉強」にも最適。

②英単語の本にマーキング

いろいろな英単語の本を使用する。
知っている単語に蛍光ペンでマーキング。
知らない単語(ペンでマーキングされていない単語)を眺める。
知らない単語はまとめる(③~⑦)

③パラパラノートに単語をまとめ→見る

②の知らない単語をまとめ→見る。
無印良品のメモパッドが最適。
まず上をセロテープで2-3列貼る。
→下5cmくらいの部分をパラパラ漫画風に見る。
短い時間で大量の英単語を見ることができる。

④4コマノートに単語をまとめ→見る

②の知らない単語をまとめ→見る。
無印良品の4コマノートを使用。
パワーポイントのようなイメージで、視覚的に勉強できるのが良い。
なるべく大きく見やすく書くのがポイント。

[広告]

⑤リングミニノートに単語をまとめ→見る

②の知らない単語をまとめ→見る。
リングノートでミニサイズ、開いて置けるのが重要。
つまり手で押さえなくてもよく小さいノートを選ぶ。
開いて置いて何かをしながら、見る。

⑥カードに単語をまとめ→ポケットに入れて見る

覚えたい単語を手のひらサイズのカードに毎日5個書く。
それを1日中ポケットに入れておき、見られる時に見る。
なるべくその日のうちに覚えて、毎日変える。

⑦目の付くところに単語を書いた紙を貼る

なかなか覚えられない単語をA5程度の紙に10個ほど書く。
その紙を部屋に貼るなどする。
1日に何度も注意して見る。
1週間若しくは覚えられたら、新しい紙に変える。

⑧スタディサプリ英単語で単語学習

スタディサプリ英単語はゲーム感覚で単語が覚えられるので最高。
隙間時間の更に隙間時間、1~2分でも勉強できる。
優秀過ぎて、無料なのが信じられない。

スタディサプリ英単語以外の英語アプリも今後紹介する予定。

⑨『キクタン』で単語学習

基本、『キクタン』のCDでの勉強は必須。
チャンツが入っているので、大変覚えやすい。
楽しみながら出来る。
CDだけで勉強になるのが良い。
身体を動かしながらすると、尚良い。

⑩ピクチャーディクショナリーで単語学習

ピクチャーディクショナリーでの単語学習も必須。
例えばテレビを見ながらでも眺めておける。
視覚的に覚えられて良い。
絵が多いので、勉強するハードルが低い。
意外と簡単な単語も知っていないことに気が付く。

「10種英語勉強法」の単語編のポイント

単語は「あ、これ見たことある」というのが多いと自信になるので、
1冊をずっとするよりもいろいろな教材をする方が良いのです。

ノートにまとめるときも、
わざと同じ単語をノートやカードに混ぜても良いと思います。

実際に私はそうしており、その方が記憶の定着が早いです。

またノートやカード、紙に書くときに大切なことは単語と意味を一緒に書くこと!!

よく単語の記憶は「人の顔と名前」を覚えるのに似ていると言われます。
「人の顔と名前」もまずは一緒にして覚えないと覚えられません。

ですので、まずは必ず英単語と意味を同時に見られるように書きましょう。

「10種英語勉強法」の1日の流れ

英語

「10種英語勉強法」の1日の流れです。
今回は単語学習だけで10種類のパターンをご紹介。

「10種英語勉強法」ルールはこちら

①朝起きてすぐ『キクタン』をウィークマンで聞きながら朝食の準備

②歯磨きしながら目に付く所に貼ってある単語の紙を見る

③その日覚えたい単語5つをカードに書いてポケットに入れる、1日に何度も見る

④化粧をしながら「YOU TUBE(ユーチューブ)」で英単語とリスニングを倍速で見る聞く

⑤行き帰りの通勤時間に『キクタン』を聞きながら、スタディサプリ英単語をする

⑥昼休みに小さいリングノートを開いて置き、見ながら昼ご飯を食べる

⑦テレビを見ながらパラパラノートor4コマノートorピクチャーディクショナリーで単語学習する

⑧お風呂に入りながら『DUO』などの英単語のCDをかける

⑨ドライヤーをかけながら「YOU TUBE(ユーチューブ)」で英単語を見る

⑩寝ながらまた別の英単語のCDをスリープ機能で聞く

「10種英語勉強法」の文法編

英語 文法 発音

文法は先に終わらすと後が楽ですので、短期決戦と思ってやりましょう。

中学レベルは出来ると思っていても、案外出来ないものです。
特にアウトプットとなると出来ないことも多い。

基礎となる部分を反復して身に付けましょう。

とにかく、「一旦基礎を固めると後が楽
そう思うとやる気がでます!!

ここでは文法学習についてご紹介。

①薄い文法書で文法学習

携帯しやすいサイズがポイント。
分からなかったページ・理解していないページに付箋を貼り、
そのページを繰り返し見る。
薄いと勉強をするハードルが低い。
薄いと繰り返し出来る。
繰り返し、何度もやるのが良い。

②厚い文法書で文法学習

辞書のような感覚で使用する。
理解出来ない時に確認の意味で開く。
同じ勉強を長くしないのがこのメソッドのルールなので、
「章・節・項」だけなどの工夫を。

③問題集を解く

自分のレベルに合ったものを必ず全て解く。
すると自分が出来ないところと出来るところが分かる。

④問題集の間違えをノートにまとめ→見る

③で間違えたところをノートにまとめる。
繰り返し見て勉強する。
そうすると弱点がわかる。
ノートだけを見返すと弱点が重点的に復習できる。

⑤YOU TUBE(ユーチューブ)で文法学習

自分の勉強したいキーワードで検索。
いろいろな動画を見ると腑に落ちる。
倍速で見るとたくさん見られる。

⑥精読で文法学習

精読をすると文法を理解できる。
逆に言うと文法を理解していないと精読が出来ない。

⑦分かりやすい文法書で文法学習

『一億人の英文法』か関正生先生の書籍など分かりやすい英文法書でおさらい。

⑧スタサディサプリ高校・大学講座で文法学習

家で出来るし、安いし、講師の質が良いし、
スタディサプリ高校・大学講座はやって損無し!!

スタサディサプリ高校・大学講座の良い点

・関正生先生の動画が神授業で倍速にもなるので、凄い効果!!
・練習問題がやりやすい。
・何度も練習問題を解けるので確認になる。
・隙間時間にやれるので、隙間時間を作りたくなる。
・メールでやった時間の記録がくるのでモチベーションが維持される。
・24時間いつでも出来る。
・動画なので勉強するハードルが低い。
・とにかく安い、安過ぎる。
・他の教科の授業も見たら気分転換になる。

[広告]

「10種英語勉強法」の発音編

正しい発音が出来ないと上手くコミュニケーションが出来ません。
文法と同様に発音も先にしたほうが良いです。
口の形や舌の位置を学び、音の出し方を覚えたら後は練習のみ。
発音を学ぶと同時にリスニング能力もアップします。

ここでは発音の学習についてご紹介。

①YOU TUBE(ユーチューブ)で発音学習

発音について解説している動画を見る。
いろいろな発音の動画を見る方が、腑に落ちる。

②『英語耳』などの書籍で発音学習

発音の基礎を学ぶ。
CDのある物を選ぶ。
今後、良い本を紹介予定。

③スタディサプリENGLISHで発音学習

なりきりスピーキングで正しい発音の練習をする。

[広告]
スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

④洋楽で発音学習

洋楽を聴いて、真似して歌ってみる。
楽しみながら出来るのが良い。

⑤フォニックスで発音学習

英語圏の子どもたちも習得している。
スペルと発音の規則性のルールを身に付ける。

[広告]

「10種英語勉強法」のリスニング編

英語 他

まずは相手の言っていることを聞き取れないと会話になりません。
脳が音と意味を結びつけないとノイズになります。

そう考えるとリスニングは大事です。
ここではリスニング学習についてご紹介。

①海外ドラマでリスニング学習

30分未満の物がちょうど良い。
教材より海外ドラマのリスニングは難しいがモチベーションのアップになる。
楽しいから続くし、勉強と思わない。
継続という利点を考えると使わない手はない。

②YOU TUBE(ユーチューブ)でリスニング学習

なるべく倍速で聞く。
いろいろな種類のリスニング材料がある。
リスニングをしながら別の勉強なども出来る。

③Audible(オーディブル)でリスニング学習

②の「YOU TUBEでリスニング学習」と同様に
なるべく倍速で聞く。
3.5倍速までできる機能は凄い。
他のことをしながらでも出来る。

④多聴する

「なんとなくぼんやり聞く」これは良くないとされているが、
しかしある程度の量を超えたらこれも良いと考えている。
いろいろな教材を使用する。
せっかくなのでTOEICなどの資格試験の教材も使用したい。

⑤精聴する

1言1句きちんと聞き取るためには、
既に精読し自分が文法項目も全て理解したものを準備して聞く。
すると聞こえる音と実際の英語が一致してくる。

⑥スタディサプリENGLISHでリスニング学習

「内容理解クイズ」や「オートリスニング」でリスニング勉強をする。

[広告]
スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

「10種英語勉強法」のリーディング編

リスニングと同様リーディングは大事なインプット作業です。

ここではリーディング学習についてご紹介。

①スタディサプリENGLISHでリーディング学習

会話文チェックで英文を確認する。
同時に文法も理解する。

[広告]

②多読する

様々な多読本を使用する。
自分のレベルに合った物、若しくは
自分のレベルより低い物を選び量をこなす。

こちらのブログで表紙がかわいい洋書をご紹介。

③精読する

1言1句きちんと理解する。
文法項目も全て理解する。
分からない英単語は意味を調べる。

④英語の漫画本でリーディング学習

漫画本を使うので、勉強をするハードルが低い。
自分の好きな物を準備する。
継続しやすいというメリットがある。

⑤インスタグラムやYOU TUBE(ユーチューブ)のコメントでリーディング学習

自分の興味あることに関するコメントは自発的に読みたくなる。
時間を忘れて読み続けることがあるくらい熱中出来る。

⑥映画の字幕でリーディング学習

内容を理解出来ている映画は英語字幕で見る。
慣れてきたら、倍速にするとたくさんリーディング学習が出来る。

「10種英語勉強法」のスピーキング編

自分の気持ちとマッチしないとなかなか英語は使えませんし、
イメージ出来ないと話せません。

知識はあるのに実際の場面になると話せない、
簡単な文でもなかなか難しい、ということも多々あります。

ここではスピーキング学習についてご紹介。

なお、オンライン英会話は隙間時間では出来ないので、
時間をちゃんと設けるようにしています。

①瞬間英作文をする

日本語を見て瞬間的に英語にする。
読むことは出来ても話すことは出来ないことが多い。
簡単な文法・単語から始める。
慣れてきたらランダムに収録されている物を使う。

②音読をする

声に出して音にする。
目で見て理解する。
英語力全体を伸ばせる。
何度も繰り返すことにより、上達する。
音読するものは精読しておくこと。
理解してこそ音読する意味がある。

③暗唱をする

有名なスピーチなどを覚える。
真似て発音する。
暗唱出来るまで練習する。
効果はあるが、なかなか大変。

④スタディサプリENGLISHでスピーキング学習

なりきりスピーキングで練習する。

[広告]

⑤オンライン英会話をする

意外と口から単語すら出ないことがある。
出来ないことを知るのも大事。
アウトプットのトレーニングが不足しているので必要な学習。
インプットだけでは話せない。
話さないと話せるようにはならない。
インターネットが無い時代と比較すると格安である。

[広告]
価格満足度No1

⑥自己紹介を覚える

自己紹介を英語ですることを想定して練習する。

⑦簡単なフレーズを覚える

意味を捉えた上で、何度も反復する。
自分が使う場面をイメージする。
新しい表現を覚えないと自分の使える表現ばかりになる。
なるべくCD付きを使う。

⑧英語で独り言を言う

英語で独り言を言ってみる。
心の中で呟くのでも良い。 

⑨シャドーイングをする

音声に少しだけ遅れて真似をする。
これも何度も繰り返す。
繰り返すと自分の物になる。

「10種英語勉強法」のライティング編

ライティングは結局は英借文しかないかなと思い、
1番力を入れていません。汗

ここではライティング学習についてご紹介。

①英借文をする

自分の言いたいことが書かれている部分をノートに写す。
覚えて、いつか見なくても書けるようにする。

②英語で日記を書く

2~3行でいいので、とにかく書いてみる。
少しずつ表現を覚えていく。

③スタディサプENGLISHでライティング学習

スタディサプリENGLISHのディクテーションは
タイピングなので紙に書き写すよりずっと楽。(紙に書き写すのは苦行。)
「ヒント」もあるのでストレスが減る。
リスニング力も同時に向上する。

[広告]

英語学習に挫折しにくい「10種英語勉強法」のポイント

英語

「10種英語勉強法」自体を継続させるポイントは次のようになっています。

*隙間時間だけと思い集中する

*やる気がでる言葉を頭に入れておく

*ダブルまたはトリプルを心がける

それぞれを見ていきましょう。

隙間時間だけと思い集中する

砂時計を使うと短い時間を意識できる。
捻出した自由時間をモチベーションにしてやる。
とにかく集中する。

やる気がでる言葉を頭に入れておく

モチベーションが上がる言葉を常に思い出す。
(私は単語をまとめる時にその言葉を紛れ込ませています。
これは、大変効果アリ!!)

モチベーションの維持も英語学習には大事。
大好きな海外の映像を見てモチベーションをアップさせることも。

ダブル・トリプルを心がける

1度に2度美味しい3度美味しいを心がける。
「ながら勉強」はもちろんのこと、
英語の勉強自体にも「リスニング+単語」
「スピーキング+リスニング+リーディング」などのように
『ダブル・トリプル』になるべくする。

最後に「10種英語勉強法」のまとめ

それでは「10種英語勉強法」のまとめです。

基本的なことは「10種類の勉強を隙間時間にする!!

ルールの詳細

①前述した約50種類の勉強法の中から毎日10種類を選んで勉強する

例えば「単語+単語+単語+単語+単語+文法+文法+L+S+W」など

②敢えていろいろな本・教材で勉強する

③なるべく隙間時間にして、自由時間を捻出することを心掛ける

逆に言えば同じ教材・勉強を続けないのが基本ですので、
少しのアレンジ、例えば1日15種やそれ以上になっても良いと思います。

これが、挫折ばかりしていた自分が行き着いた、勉強法です。
長い年月、多くの教材を費やして辿り着きました。

挫折しがちな方・これから英語の勉強を始める方には、
挫折や遠回りをしてほしくないので、ご紹介しました。

今後は850冊以上の英語に関する本を持っているので、
いろいろな教材をご紹介する予定です。

ABOUT ME
A子
A子
数え切れないほど英語に挫折|挫折してもまたしばらくして、英語に戻るを繰り返す|そんな英語は魔法では?!|右往左往して、挫折しにくい「10種英語勉強法」を構築|山ほど教材を試す|持っている英語に関する本は850冊以上|ときどきエッセイ「英語、マジっ苦」を更新|相棒はB子|***大学院を2回修了しています|==>別ブログ「Let's twins」運営中==>別ブログ「いろいろBOOKS」運営中